冬のガラス修理では熱割れが多い!ガラス内部の温度差が原因

耐久性が高いはずの高層ビルのガラスが割れる原因

高層ビルに採用されている強化ガラスは、透明ガラスよりも耐久性があります。ガラスを炉で熱して、冷却することで、高い耐久性を生み出してします。しかし、この製造過程によって、表面は圧縮力が生じますが、内部は引っ張り力が生じます。ガラス内部に傷や不純物があると、膨張してしまい、外部から力が加わらなくても割れてしまうことがあります。

高層ビルの場合はどのようなガラスがいいですか?
高層ビルのガラスが割れても落下しないようにするためには、2枚のガラスを樹脂のフィルムで接着して使用することです。そうすることで、同時に2枚のガラスが割れて落下するリスクを防ぐことができます。

あなたの窓は熱割れかも!自然にガラスが割れる?

熱割れってなんですか?
熱割れは、直射日光によって温められたガラス面と日陰になっている部分やサッシで覆われて直射日光が当たっていない部分があると、ガラスの中で温度差が生じます。この温度差が激しくなることで、ガラスにひび割れが発生します。気温差が大きくなる冬は、熱割れが発生しやすい時期です。冬に原因がはっきりしないけど、窓ガラスが割れている場合は、ひび割れを疑ってください。

熱割れの割れ方

窓ガラスが熱割れしているかは、素人でも簡単に判断することができます。ガラスに外力が加わり割れる場合は、外力が加わった点を中心に割れていきます。しかし、熱割れの場合は、一点ではなく、ガラス面全体にひび割れが発生します。 ガラス内部の温度差によって割れるために、窓の端やサッシの部分からヒビが全体に広がっているケースが多いようです。ガラスの割れ方を観察することで、熱割れかそうでないかを判断できます。

TOPボタン